酸素きゅうにゅう

なんてことない日と激動の日と…バドだったりスキーだったりでも、たいした事なかったり。。。酔った勢いで始めたなんて言わないで!!タカタカ的blog劇場でございゃす…
Homeスープカリー | なんだべ? | バドミントン | スキー | 仕事とナイトスポット | モブログ | ネタ? 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バックカントリー第2章

2008.03.18
さてさて、SIA北東北支部バックカントリーセミナー第2章の始まりです。

ニセ田茂を滑り、トラバースして井戸岳のふもとまでやってきたところで今回の目玉!!

そう雪山登山の開始です。




シール(山スキー用ビンディングと組み合わせで登行できるもの)【別名スキン】をスキーの裏に貼り付けて登る組と、スノーシュー(簡単に言うとかんじきのデカいやつ)で登る組の2つに別れそれぞれ装着。
日差しが強く、風がないのでかなり暑くなるのが予想され、皆薄着になりウェアのパッキングをし、いざハイクアップ!!

juhyourin.jpg


先頭はもちろんガイドのH部氏。
続いてシール登行、そしてスノーシューです。

雪質は風にたたかれたせいで適度にパックされていてシール組は見た感じ楽そうでした。
スノーシューの私は写真を撮りたかったので後方をキープ!
しかしスノーシューの先頭の方は硬いながらもなにも足跡のない斜面を進むので大変そうでした。


DSC_0451.jpg


樹氷林の中を登ったのですが、標高が上がるとその装いは見事の一言


juhyourin2.jpg





2回の休憩を挟みながら約2時間の登りでしたが、普段歩かない私は大汗をかき息もきれ、付いていくのがようやくでした(爆)

ガイドのあと少し!という言葉に見事に騙されたのがわかったのはしばらくたってからでした…


私は半そでで登ったのにもかかわらず、私のTシャツはもちろんぐっしょり・・・
かぶっていたキャップは汗が浸透しツバから汗が滴り落ちてました。


そして到着後、すぐさま滑走準備をしたのでありました。


続く

スポンサーサイト
テーマ:スキー - ジャンル:スポーツ
スキー    Comment(0)  TrackBack(0)   ↑Top

Comment


管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://takatakaoka.blog53.fc2.com/tb.php/538-1edd2c84
Template by まるぼろらいと

Copyright ©酸素きゅうにゅう All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。