酸素きゅうにゅう

なんてことない日と激動の日と…バドだったりスキーだったりでも、たいした事なかったり。。。酔った勢いで始めたなんて言わないで!!タカタカ的blog劇場でございゃす…
Homeスープカリー | なんだべ? | バドミントン | スキー | 仕事とナイトスポット | モブログ | ネタ? 

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マジメに考える

2007.03.03

ココ最近バドミントンをしていると、よく目に付く事があります。


それは初心者はともかくとし、中上級者が手首だけでシャトルを打とうとしている方が多いということ。


手首は確かに使いますが、実際に手首だけで打っているかといえば、
決してそんな事はありません。


最近私がよく口にするのは「リストスタンドを意識して!」と・・・


手首で打つことを意識するあまり、リストスタンドができておらず、回内、回外、内旋、外旋が上手く使えていないのです。


もちろん、それが絶対に悪いとはいえませんが、基本をやった上での応用と考えています。

手首だけでハイバックを飛ばせりゃそれは格好イイですよね。


しかし、ソコまで行くには相当なトレーニングが必要です。


 


実際に検証された結果として、ハイバックを飛ばせる人(上級者)は手首よりも肩や腕を動かしているとの事です。

その動きを以下に小さく抑えるか。人に見せないようにするか。
コレが真の上級者だと思います。


もちろんそれにはタイミングの問題や、フットワークを用いてより打ちやすい場所へ移動する事も必要です。


 


今では、ハイバックでスマッシュなど打てるようになった私ですが、2~3年前は全然だめでした。


けど、ふとした瞬間にそのタイミングをつかむことができました。


 


ようは反復練習なんですよ。


社会人となった今じゃ難しい事かもしれません。


しかし、努力すると必ずいつかわかる日がくるんですよ。


とまぁ、長々とマジメなことを書いてみました。


 


で、まだモウ一つあるんですよ。


ソレは指導を受ける人によって教えている技術が違うという事。


人によって言い回しが違うのなら納得できます。


しかし、ソレが全く違う技術だとしたら・・・


指導を受ける側も困惑しますよね。


私が、こういう流れで教えようと考えたプランも他の人に聞いて習った瞬間に全てが狂います…


せっかく治ってきたのに、また1からスタートなんて事はざらです。


だからと言って聞くなってことではありません。


むしろ聞いていいんです。


そして、どう違うのかを判断できればイイんです。


そして、いろんな人の色んな技術を身につけられたら最高ですよ!


 


最後に私の座右の銘真似が出来ない人は本物になれない」という言葉で締めたいと思います。


他の人の良い技術を真似し、盗み取る。


それができれば、そこからおのずとオリジナルな技が発見できるはず。


そのオリジナルを習得してこそ本物です!


私も今なお散々上手い人の真似をしています。


そして、ソコから生まれた数々のショット達


さらにそこから新しい技術を習得していきたいと思います。


タカタカ的バドミントンの基本3か条


上から下に!


後ろから前に!


緩急!


タカタカ的バドミントンが強くなる為の3か条


より前で!


より早く!


より正確に!


 


何か今日はマジメにバドミントンを考えてみました。


 


 


 

スポンサーサイト

Comment

- アモン

ありがたいお言葉ですわー。
最近バドに不真面目になってきて、他人の技術を盗むコトを諦めてました。
『あの人は上手いから出来るんだよなー』なんて考えてるようじゃ、そりゃ上達しませんわな。

よく見る、盗む、真似する、自分用にする。
できないなら何故できないかを考える。
考えたら解決のために地道に努力する。
また、そっから始めなきゃ。

3+3ヵ条、しっかり胸に刻ませていただきまーす♪
2007.03.03 Sat 06:33 URL [ Edit ]

勉強になります! - kimama

さすがです!

まず、私自身は、先日、指導していただいたことを習得するため、今、サークルでの練習の空き時間に素振りから練習しています。

また、タカタカさんと同じ場所で練習できるときには、空き時間のあるとき、出来るだけタカタカさんの打っているところを見るようにしています。
(いつもタカタカさんが打っている横で、ストーカー的行為を繰り返していて、申し訳ありません・・・。)

もっとも、私の年齢だと、実際、これから先、どのぐらいまで出来るようになるのか非常に疑問であり、練習で迷うことも良くありますが、それでも、自分の貴重な時間を使って練習しているのなら、少しでも上達したいと、日々考えながら練習しています。

なお、指導の件についてですが、私自身、いろいろな方の指導を受けて、実際に混乱していたので、良くわかります。

やはり、タカタカさんのような方にしっかりと系統立てて教えていただくのが、上達するには一番良いと思っています。

また、私は、出来るだけ間違ったことを言わないよう、口にチャックをするようにしますね(汗)

・・・なお、これまで、このことでタカタカさんが気を悪くされていたのであれば、お詫びいたしますので、どうか御容赦をm(_ _)m
2007.03.03 Sat 12:13 URL [ Edit ]

- うさぎ

初コメントです。
>>ハイバックを飛ばせる人(上級者)は手首よりも肩や腕を動かしているとの事です。

その通りだと思います。手首だけじゃどうにもなりませんよね(汗)。
私もなるべく意識はしているものの、なかなか出来ません。たまーにタイミングが合うと「と、とんだ!」と思う時もあるのですが、そのタイミングが未だにつかめず、です。
特に私はバックハンドが苦手なので、今後教えてもらえると助かります。
それ以前にフットワークが追いついていないのが現状でしょうか^^;

>>真似が出来ない人は本物になれない
これもその通りですね。ただ練習するだけではなく、上手い人の技術を見る事は大事だと思います。そういうわけで、じっくり拝見しておりますよ(笑)。

あと、今後指導する側に回る時も「指導者としての指導」もお願いしたいです。もちろん、プレーヤーとしても指導して欲しいです(><)
2007.03.03 Sat 12:22 URL [ Edit ]

今日もマジメ!? - みぽりん

マジメに嫁のこと考えたのかと思った!!(笑)

私のバドは中学の先生の影響ですね。
彼は、「より高く、より迅く、より強く、より前へ」と
言ってました。
フォームとかほとんどこの時にできてしまい。。。
高校ではほとんど先生来なかったんで、自分たちでメニューを考えて
やってましたね。
なんで、わたしは中学のままで、パターンとかが考えれるようになったぐらいですかね。
それも、この5年で忘れてしまいましたが、また復活しつつあります!(笑
これからも楽しみたいんで、よろしくおねがいします!!
目標はタカタカさんのスマッシュをとることです!!(笑)
2007.03.03 Sat 13:22 URL [ Edit ]

- もりるり

まねができない人は本物になれない。

本当にそうですよね。

私もつい最近まではそぉだったんですよね^^;

でもこのごろは(ちょっと遅いか?)、うまい人が肩や手首をどぉやって使ってショットうってるのか、自分なりに研究してます!!

だけど、いざ自分がやれ、ってなったらまだまだできないんですよね。。

だから、まずは基本をなれるまで練習しますね^^

がんばります!!
2007.03.03 Sat 15:08 URL [ Edit ]

始まり - タカタカ

>>アモン
初コメあざっす
さて、時に初心に返ることができたみたいで、嬉しいです。
身体能力が高いだけに、様々な動きにチャレンジしてみてくださいね。

そして、無駄な動きを減らせるように頑張ってください!
2007.03.04 Sun 01:29 URL [ Edit ]

さすが - タカタカ

>>きままさん
さすがですね。
その努力はきっとココ一というときに発揮されますよ!

系統立てという点は本当に考えさせられます・・・

それが難しいのもわかっていますが…

しかし誰かに口出しするなって意味ではないですよ!

教えられている側がコレは違うと考えてくれれば、それはそれでイイではないでしょうか?
そこから新しい道を見出そうと考えるようにしています。
違いがわかればですけどね…

きっと私の教えが全て正しいとはいえません。
個人に合ったプレーを見つけるためにも、これからも指導してくださいな!

その上でわからない事があれば相談のりますよ!!!
2007.03.04 Sun 01:53 URL [ Edit ]

指導者論 - タカタカ

>>うさぎさん
初コメあざっす。
指導者論を語らせたら長いですよ(爆)
これでも、スキーの方で指導に関しての学科試験もうけてますからね!

ところで、バックハンドとそのフットワークなんですが、ウサギさんの場合飛ばす事に意識しすぎて力みすぎな点が目に付きます。
女子選手がハイバックで打つのには限界があるでしょう。
まずは、下からでいいと思います。
そして、フットワークなのですが、バックハンドなのですから、相手に向かって背中を向けるつもりで入る事。
それと打点は体の中心よりも相手に向かって前になるように心がけましょう。

ハイバックの場合、体よりも後ろで打とうとする人が多いのですが、出来れば体よりまえです。
タイミングはノックで練習する他は難しいでしょうね。
本来ならばハイバックよりもラウンドです。
体幹を鍛えるのも改善法としてアリですね
2007.03.04 Sun 02:00 URL [ Edit ]

マジメで - タカタカ

>>みぽりん
マジメで悪かったね・・・

中学の先生もなかなかいい事いうね。
ってかパターンまで考えられるんだ?

そのくらい出来たら、そろそろ戻っても良さそうだけど・・・(爆)

おれのスマッシュ取れるかな?
まだまだ、本気で打ってないぞ~
2007.03.04 Sun 02:02 URL [ Edit ]

基本 - タカタカ

>>もりるり
基本は本当に大事だよ!
体に染み付いた打ち方を改善するのは本当に大変な事だと思う。
でも、努力すれば必ず良くなるよ!

先ずは体の力を抜いてリラックスしてやろうね!

ただ、キーポイントは手首じゃないよ!
肘だよ!肘!
肘から先をいかにムチのようにしならせて使えるか!

コレがポイントだよ!
2007.03.04 Sun 02:05 URL [ Edit ]

- うさぎ

>>女子選手がハイバックで打つのには限界があるでしょう。
まずは、下からでいいと思います。

そう!その通りなんです!限界があるんです。
これは今後私のブログにも書く予定ですが、私はバックハンドがとにかく苦手なんです。おくまで返せないんですよね。。。タカタカさんなら分かると思いますが、私、ラウンドのステップが違うんですよ。これも今後ブログで書きますね。違うステップを教えられて、結果的に腰に来ました。当然です。一応教えてもらったものの、やはり癖がなかなか治らないのが現状です。

>>そして、フットワークなのですが、バックハンドなのですから、相手に向かって背中を向けるつもりで入る事。

了解です。それこそ女性の場合、手首だけの力ではどうにもならないこともありますね。最近は研究室でもバックの素振り練習してます。肩や背筋力も付けたいので。。。まだ技術や体力面でクロスに返すことは出来ませんが、ストレートでいいのでおくまで返せたらいいなと思ってます。

>>それと打点は体の中心よりも相手に向かって前になるように心がけましょう。

ん?それは打点を前にするということでしょうか?今度実際やってもらえるでしょうか?見たら早いと思うので。。

>>ハイバックの場合、体よりも後ろで打とうとする人が多いのですが、出来れば体よりまえです。

ふむふむ。。。確かにそうですね。本来のハイバックの動きはその通りだと思います。

>>タイミングはノックで練習する他は難しいでしょうね。

そしたらノックやりましょう!

>>本来ならばハイバックよりもラウンドです。

そ、そうなんですよ(汗)。実際私はハイバックよりラウンドの練習が先なんです。例によってラウンドのステップが違うので、無理にラウンドをとろうとすると腰を痛めてしまうのです。ステップに関しても、今後ご指導くださると助かります。

>>体幹を鍛えるのも改善法としてアリですね

そうですね!というわけで研究室でバックハンドの素振りしてます!!
2007.03.05 Mon 00:47 URL [ Edit ]

文章 - タカタカ

>>うさぎさん
長々とご苦労様でございます(爆)
やっぱログだと長くなっちゃいますね。

ノックやっちゃいますか~
今度100均でカゴ買って行こ~っと

理論ではわかるものの、実際にやるとかなり違ってきますよね。
自分が今どうなっているのかがわからないんですよね。

わたしもわかりません。

イメトレはしていますが、生きたシャトルを打たないことにはわかりませんし…

ただ、現場で理攻めしますよ(笑)
できない事はありません。
何事も反復練習です!
2007.03.05 Mon 02:48 URL [ Edit ]

真似る - お母さん

真似ることから始まる。
よさこいで学びました!!最近は家に帰ってから、踊ったり、バドミントンの素振りしたり、中々出来なくて、自分に嫌気がさす。
言い訳すると仕事が詰まってる。
全然中途半端です。
この先、落ち着いたら、素振りしながらバドミントンがんばりますので、お父さん、また今度指導お願いします!
2007.03.05 Mon 11:51 URL [ Edit ]

今の努力 - お父さん

>>お母さん
今の努力は絶対に報われるよ!
それに1ヶ月前とは全然違うし、確実に上手くなってるよ!

そのマジメな姿勢敬服します!
2007.03.06 Tue 01:22 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

TrackBackURL
→ http://takatakaoka.blog53.fc2.com/tb.php/268-8c158ad2
Template by まるぼろらいと

Copyright ©酸素きゅうにゅう All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。